特殊时期,大家一定要保重身体。增强自身免疫力,一切都会过去,一起加油!!!

デフォルト項目値を含むレコード作成実例説明(defaultFieldValues)

Salesforce zchao 685℃ 0评论

この記事はSalesforce 開発者向けブログ投稿キャンペーンへのエントリー記事です。 

 

この前は、「取引先詳細画面でコピーボタンが追加できますでしょうかーカスタムボタンまたリンク」を投稿しました。

今回は、デフォルト項目値を含むレコードの作成ページへの移動機能で、各項目を取得とレコードタイプを設定する方法などえを紹介したいと考えております。

 

こういう機能があって、カスタムボタンを詳細画面に配置し、クリックすると、画面のいくつ項目の値を取得し、それ以外の項目を無視して(値を取得しないこと(nullような感じ、checkboxでしたら、falseになること))、上記でリンクを紹介したコピーという機能は取引先以外のオブジェクトはほとんどあり、取引先に対してURLに、/{!Account.Id}/e?clone=1で、簡単にレコードのコピーを実現できたということで。

項目のデータ型によって、取得する形も異なりますので、

以下の例は一行目で記入しなければなりません、改行しないように、以下は見た目にやすいために。

RecordTypeを動的に取得する

/lightning/o/customobject__c/new?RecordTypeId={customobject__c.recordtypeId}&defaultFieldValues=

Name={!URLENCODE(customobject__c.Name)},

Account__c={!customobject__c.AccountId__c},

checkbox__c={!IF(customobject__c.checkbox__c, true, false)},

Date__c={!TEXT(customobject__c.Date__c)},

DateTime__c={!TEXT( DATEVALUE(customobject__c.DateTime__c) )}T{!TEXT( TIMEVALUE(customobject__c.DateTime__c) )}Z,

OwnerId={!customobject__c.OwnerId},

RichTextArea__c={!URLENCODE(customobject__c.RichTextArea__c)}&
backgroundContext=%2Flightning%2Fr%customobject__c%2F{!customobject__c.Id}%2Fview

RecordTypeを自分選択する

/lightning/o/customobject__c/new?useRecordTypeCheck=1&defaultFieldValues=

Name={!URLENCODE(customobject__c.Name)},

Account__c={!customobject__c.AccountId__c},

checkbox__c={!IF(customobject__c.checkbox__c, true, false)},

Date__c={!TEXT(customobject__c.Date__c)},

DateTime__c={!TEXT( DATEVALUE(customobject__c.DateTime__c) )}T{!TEXT( TIMEVALUE(customobject__c.DateTime__c) )}Z,

OwnerId={!customobject__c.OwnerId},

RichTextArea__c={!URLENCODE(customobject__c.RichTextArea__c)}&
backgroundContext=%2Flightning%2Fr%customobject__c%2F{!customobject__c.Id}%2Fview

 

/lightning/o/customobject__c/new:標準Objectだたっら、/lightning/o/Account/newようにする、lightning URLに遷移して 新規画面を起動します。

RecordTypeId:オブジェクトにレコードタイプもある場合、動的に取得できること(RecordTypeId={customobject__c.RecordTypeId})、ハードコーディングも使えるけど、良く無いと思うですが、しょうがない場合、RecordTypeId=0127F000000SVnOQAWで使います。注意点:大文字と小文字が区別あります。RecordTypeIdはOK、recordTypeId、RecordtypeId、recordrypeIdはだめです。

useRecordTypeCheck:useRecordTypeCheckを利用して、レコード選択ページを表示されること。値はテストとしては1、2とか関係なし。

Name、Text and Other Field:RichTextArea(写真)などもURLENCODEを追加して利用できること。

Checkbox:checkbox項目は最善して、{!IF(customobject__c.checkbox__c, true, false)}ようなIFメソッドを利用します。

Date Field:日付項目には、TEXTメソッドを使用します。

DateTime Field:DateTimeを日付と時刻に別々になりますし、{!TEXT( DATEVALUE(customobject__c.DateTime__c) )}T{!TEXT( TIMEVALUE(customobject__c.DateTime__c) )}Z 、TおよびZ形式もハードコーディングしていただいております。

backgroundContext:開く画面をキャンセルする際、遷移します。それは追加しなくてもよいと思っています。

 

ある項目を取得したくない場合であれば、そのdefaultFieldValuesに追加しないで構いません。

そういうことですね。

 

以上のような機能は、

Salesforce のコーディング開発というより、管理者としても利用できると思っています。

近よく使いますので、みんなに共有したいと考えております。

ご参考になれば幸いです。

 

转载请注明:zchao博客之家 » デフォルト項目値を含むレコード作成実例説明(defaultFieldValues)

喜欢 (12)or分享 (0)

您必须 登录 才能发表评论!