特殊时期,大家一定要保重身体。增强自身免疫力,一切都会过去,一起加油!!!

Data Import WizardとData loaderーインターフェースとデータ連携アプリケーション

Salesforce zchao 512℃ 0评论

データインポートウィザードとデータローダとの簡単な使用方法についてはご紹介させていただきます。
今回の紹介はちょっと長いんですけど、見にくいってかと思ったら、すみませんっな気持ち。

データインポートウィザードの使用、ファイルのインポートの準備、データインポートウィザードの起動、データインポートウィザードでは、統合インターフェースを利用して、取引先と取引先責任者、リード、ソリューション、カスタムオブジェクトのデータをインポートできます。

手順:
設定->データインポートウィザード
事前準備: インポートするデータの準備
①インポートするデータを選択する
②項目の対応付けを編集する
③確認してインポートを開始する
->ウィザードを起動する
リードオブジェクトに向けて
==*=======================================================

1.データをinsertしてみる。
データを Salesforce にインポート
50,000 件までのレコードを一度にインポートできます。

①インポートしているデータの種類は?
標準オブジェクトとカスタムオブジェクト
リード をクリックします
②レコードをどのように処理しますか?
新規レコードを追加
③データはどこにありますか?
[CSV] をクリックします。
次へをクリックします。
これで項目の対応付けを編集できるようになりました。(*編集してから、もし対応付けボタンがなくなった、ブラウザを縮小して試してください)
すべての項目が対応付けられたら、インポートを開始できます。
次へをクリックします。
インポートを開始をクリックします。
④[OK] をクリックします。
一括データ読み込みジョブの詳細が表示され、インポートが完了したことを示すメールを受信します。
レコード確認、失敗:0
リードリストビューで、確認して、新しくリードデータがあります。
=======================================================*==

2.データをupdateしてみる。
同上:
①レコードをどのように処理しますか?
既存のレコードを更新
②リードの一致条件:
Salesforce ID、名前、メール
名前を選択する(更新するとき、この項目は変わらず  …where 名前…)
③[CSV] をクリックします。
First NameとLast Nameはリードオブジェクトのなかで存在が必要です。
④次へをクリックします。
同上:
リードリストビューで、確認して、前のリードデータが更新します。
==*=======================================================

3.データをupsertしてみる。
同上:
①レコードをどのように処理しますか?
新規レコードを追加および既存のレコードを更新
リードの一致条件:名前
②[CSV] をクリックします。
同上:
リードリストビューで、確認して、前のリードデータが更新しながら、新しくリードデータがあります。
=======================================================*==

Data Loaderとは何か?
Data LoaderはSalesforceが提供しているアプリケーションです。Salesforceを導入するにあたり、他のシステムとのデータ連携が必要となります。もちろん運用開始後も既存の基幹システムとのデータ連携や、一括でのデータ更新などという作業は必須…。 活用できるのは、セールスフォースとのデータ連携アプリケーション「Data Loader(データローダ)」です。Date Loaderではセールスフォースの標準画面で少々やりにくいなぁでも必要だなぁという「一括のデータ編集」や「一括でのデータ投入・削除」が出来ます!CSVを用意すれば他のシステムからのデータを一括で登録・更新、自動バッチ操作も可能!気軽にデータを取り込めます。最大500万件までレコードを読み込めるので、大量データの投入やデータ移行などに大変役に立つアプリケーションです。

【Date Loaderで可能な一括データ編集】
・Insert(新規作成)・・・・・・大量データ新規投入
・Update(更新)・・・・・・・・既存のデータの一括更新
・Upsert(新規作成・更新)・・・新規データ作成と既存のデータの更新を同時に
・Delete(削除)・・・・・・・・一括データ削除
・Export(出力)・・・・・・・・大量データの出力

インポートウィザードとの違い
データインポートウィザードはSalesforceのインターフェースからアクセスできるので追加の設定なしで使用できます。システム管理者でも標準ユーザでも使用できるため気軽に使用しやすいのが特徴です。Date LoaderはPCにアプリケーションをインストールしなければならないことや英語のみの対応など、少し敷居が高そうなイメージがありますが、使いこなせればSalesforceの活用方法が大幅に増えますね!

data loaderのログイン(token必要が可能、パスワードの後ろに置きます)
データローダへのログインに問題が生じた場合は、次の修正法を試して問題が解消されるかどうかを確認します。
ログインできた場合は、このセクションを省略できます。
修正法: パスワードの末尾にセキュリティトークンを追加して、データローダにログインします。
Trailhead Playground 環境内から、画面の右上にある自身のプロファイルアイコンをクリックして、[設定] をクリックします。
左側のメニューにある [セキュリティトークンのリセット] をクリックします。
[セキュリティトークンのリセット] ボタンをクリックします。
ログインは自分のSalesforceIDとパスワードです。
Salesforce Login URLには更新したい組織のURLを入力してください。
※SandboxやDev環境の場合、その組織のURLを入力し、それぞれのログインID/パスワードでログイン可能です。

Settingsー>Server host:
sandbox:https://test.salesforce.com
(自分)product:https://login.salesforce.com
(Proxy host:
Proxy port:
Proxy username:
Proxy password:)も可能
==*=======================================================

1.データをexportしてみる。
data loaderをクリックします
①exportをクリックします
取引先(Account)をクリックします
保存場所名前を選択します(デフォルト:extract.csv)
Nextをクリックします
②適切な項目を選択します
Finishをクリックします
インサートの結果が表示されます。
それぞれ、Successes と Errorsのビューも閲覧可能です(結果レポートもcsvで作成されています)
③OKをクリックします
完成です
extract.csvをクリックして、確認します。
export all同上
exportのcsvのファイルがアップロードしました。(取引先(Account)オブジェクト)
=======================================================*==

2.データをinsertしてみる。
上のデータを使用してinsertにして、データを更新して、ID項目は必要ではない。(IDはsalesforceによって自動的に割り当てられます)
①insertをクリックします
取引先(Account)をクリックします
保存場所名前を選択します(extract.csvを準備しておきました)
Nextをクリックします
OKをクリックします
②Create or Edit a Map(Mappingのため)をクリックします
Auto-Match Fields to Columns
Save Mapping(可?)
③OKをクリックします
Nextをクリックします
Successes と Errorsのログの保存場所を選択します。
Finishをクリックします
インサートの結果が表示されます。
Successes と Errorsのビューも閲覧可能です
このように、簡単に新規レコードを一括で作成できました!
Account画面に移動して、確認します。
==*=======================================================

3.データをupdateしてみる。
上のデータを使用してupdateにして、データを更新して、ID項目は必要です
①updateをクリックします
取引先(Account)をクリックします
保存場所名前を選択します(extract.csvを準備しておきました)
Nextをクリックします
②OKをクリックします
Choose an Existing Mapをクリックします(もし先保存したら)
Nextをクリックします
 ③Finishをクリックします
Account画面に移動して、確認します。
=======================================================*==

 4.データをupsertしてみる。
上のデータを使用してupsertにして、データを増加と更新して、IDがあれば、更新にして、IDがなければ挿入する
 ①upsertをクリックします
取引先(Account)をクリックします
保存場所名前を選択します(extract.csvを準備しておきました)
Nextをクリックします
②Select the field for matching on Account:Id
Mapping->
Nextをクリックします
OKをクリックします
 ③Finishをクリックします
Account画面に移動して、確認します。
==*=======================================================

 5.データをDeleteしてみる。
上のデータを使用してupsertにして、データを増加と更新して、ID項目は必要です
もし関連するオブジェクト、そのIDも増加します。
今回は関連するオブジェクトなし
①Deleteをクリックします
取引先(Account)をクリックします
保存場所名前を選択します(extract.csvを準備しておきました)
Nextをクリックします
②Mappingー>
OKをクリックします
③Finishをクリックします
Account画面に移動して、確認します。
=======================================================*==

大変お疲れ様でした。以上です。宜しくお願い致します。

もしかしたら、毎日、昨日の自分より今日の自分は良くなるなら、十分だと思います。
何より大事なことは、人生を楽しむこと、幸せを感じること、それだけです。

转载请注明:zchao博客之家 » Data Import WizardとData loaderーインターフェースとデータ連携アプリケーション

喜欢 (1)or分享 (0)

您必须 登录 才能发表评论!